受付の派遣

おすすめ

受付の仕事求人が多い人材派遣会社を一覧にまとめました!

受付で働くなら派遣がおすすめ!時給が高い・制服がおしゃれでかわいい・きれいなオフィスなど…人気の受付の募集が多い【人材派遣会社一覧】で理想の仕事を探しませんか?

派遣で知った事

"私が過去にした事のある派遣の仕事は
短期間の印刷業者の検品でした。
もう年末の忙しいときで2〜3日だけの単発でした。
そのとき仕事は印刷ミスの検品でした。
1万くらいあるパンフレットとチラシの検品で
その中に業者の人に手違いで
数十枚だけ間違いがあるのを探して欲しいと言うものでした。
どうやら急ぎのようで派遣社員が10人と
業者の社員、パートの人も検品されてました。
1日8時間ずっと同じ作業です。
思わず昼過ぎから眠くなってきました。
それもそのはずで業者の人は和気藹々とされていますが
派遣社員たちは初めて会った人達が多く
しゃべりもせず黙々と検品です。
どの人もお互い話しかけることはありません。
当然と言えば当然です。
この先二度と会う事も無いかもしれない人達に
わざわざ気を使ってしゃべる必要は無いからです。
派遣は自分で仕事や時間を選べる利点はあります。
しかしその分人間関係は強くもてません。
私の場合はですが
やっぱり同じ仕事をするなら気持ちよく楽しくやりたいです。
勿論仕事なんだから良い事ばかりじゃないのは分かっています。
ですがずっと無言で8時間も作業をし続けるのは
私の中でとてもしんどい事でした。
それに比べて業者の人達は笑顔で仕事されてて
正直うらやましかったです。
同じ派遣でも長期ならまだ人間関係がしっかり作れるのでしょう。
しかしその分時間の制限は大きくなります。
一人一人の生活スタイルに合わせて仕事が出来るのは
派遣のいいところですが
その分自分がきつくなる事もあるということが
とても良く分かった派遣でした。"

一人でも雇われでも働けるIT関係の技術職につきたい

"私は、今は、ITやデジタル機器に弱い人間です。
かたや、IT関係で、ばりばりと仕事をしている人間がとてもうらやましくなります。
ITの知識が強ければ、アプリを自分で作ったり、と、一人でフリーランスでも仕事ができます。
又、会社でも、専門職として、高く雇ってもらえるでしょう。
日本社会では、就職の時に年齢がネックになりますが、海外では、技術が高ければ、年齢はあまり関係がないと聞きます。
一人でも、雇われでも、どこの国でも働ける仕事、IT関係の技術職の仕事をしたいと思います。
もちろん、勉強なら、いくつになっても可能ですが、日本では、雇われる為には、年齢制限があります。
又、高年層に対してのそういう勉強ができる仕組みも整っていないので、中年になってから、一から始める事に対して、とても敷居が高いのです。
私は、パソコンも、ちょうど、谷底の世代だと思っています。
同年代の人ともよく話しますが、もう少し早く生まれれば、まだ会社で、研修をして教えてもらえた。
もう少し遅く生まれれば、家庭や学校などで、パソコンが普及し、自然と生活の中で身についた。
私達の世代はちょうどその間で、パソコンの知識を身につけるには、自腹を切って、学びに行かなければならないという、損な世代なのだという事です。
今では、会社でも、研修するお金を惜しみ、既に学校で学んできて、パソコンを自由に扱える人材を欲しがっています。
その段階で、既に私は、スタートから遅れているのです。
そして、私のウチの両親は、新しい物を嫌い、未だにパソコンをさわろうともしません。
運が悪かった、と言うしかありませんが、今度生まれてきた時は、ITを若いうちから身につけて、仕事をしたいと思います。"

アイテムの意味はあまりよくわかりませんが

"パソコンを使用しているときでもどうしてもボールペンはないと不自由です。だからパソコンのかたわらにはいつも大学ノートとボールペンを置いています。
そのほかにも短い金属製の定規、ハサミや小さいカッターなど。それをまとめておくためにもアロマを温める小さな花瓶のようなものをペン立てに使っています。
ほかには手が乾燥しやすいので、ハンドクリームはないとパソコンを打つ気にもなれません。寒いときには電気ストーブも外せないし、座椅子などもないと長時間の作業は続かないです。
アイテムという言葉自体はこの頃のものですが、愛用品と考えると度数のよくあったメガネなどもそうだと思います。
また、メガネのくもりを拭くためのテッシュケースや柔らかい布、自分の身体にあったサプリメントなどはいつも身の回りに置いておきたいです。
今朝はテレビではパソコン作業の合間に、コーヒーメーカーならぬ、お味噌汁メーカーみたいなものを使っていましたね。
どうやらお湯とお味噌汁が別々にでてくるもので、具材は器にいれておいて、上からお味噌とお湯が落ちてくるようになっている感じです。
これならコーヒーよりも日本ならば「ほっ」とすること間違いないでしょうね。最近はコーヒーを飲みすぎのところもありますが、その代わり何かがほしいところ。インスタントであればコーンスープや温かいものがいいでしょうね。
それで、最近の人気はパックにお湯を足すというよりもメーカーを通してその味を楽しむという方がわかりやすいのかもはしれないです。"

事業主の趣向で賃金・人事が決まる事を知った時

"仕事での人間関係はストレスではありますが、努力をすればある程度は解決します。
しかし、本人の能力・努力ではどうにもならない事で人事決定をされると大変です。

家柄・外見・声色なども才能の一つではありますが、
実績を上げ会社の売上に貢献し、上司の人事考課や他社の評判が良くても、
倫理観の欠如した会社は、事業主(多くは社長)の趣味や感情で賃金・人事が決定される事があります。

多くの社員は、事業主のリップサービスや上司の説得で正当な評価を受けていると思い、生かさず殺さずをされてしまうのですが、
感情を止める事が出来ない事業主や、明らかに差別的な人事が起こると、流石に気付いてきます。

それでも確信が持てない内は倫理観を信じていますが、他人の給与明細やボーナス支給額を知った時には愕然とします。

間接部門等は甲乙がつけ難いのですが、営業部門等はハッキリと結果が出ます。
それにも関わらず評価が違えば、何をしても認められないと感じやる気を失います。

総務・労務・人事の仕事に就くと、社員全員の評価を見る機会があります。
職務上、人事考課と賃金・昇進が一致していない時には、やはり疑問を投げかけます。

その時ハッキリと、
「こいつは嫌いだからボーナスは無しにする」
「仕事は出来ないが好みなので昇進させる」
等と耳にした時が、仕事を辞めたいと思った瞬間でした。

損害を受けている社員は「何故評価が悪いのか」が分からず、より精進するか潰れます。
また、処世術として「決定権保持者に気に入られる」事も大事ですが、ただの好みだと何が良いのかわかりません。

この様な会社は近い将来事業継続が不可能になるとは思いますが、
転職の難しい今の時代では簡単に切り捨てる事も出来ず困ります。


"

社内恋愛失敗で転職まで…

同期の友人Kちゃんは女性社員300人中1、2を争うとても可愛い子でした。でも家族ととても仲が良くて異性に興味を持てず、好きなバンドの追っかけばかりしていて、ちっとも恋人を作ろうとしませんでした。そんなKちゃんが入社五年目になる頃、同期の友人の半分は結婚し、少し焦りはじめたのか遂に恋人を紹介してきました。一つ年上の営業部のTくんです。Tくんはハキハキ明るく礼儀正しく、人懐こくてみんなに好かれるタイプでした。私も同じプロジェクト担当の営業さんだったので、たまに一緒に呑みにいったりしていて、この朗報にビックリはしましたがお似合いだと思っていました。それからはよくKちゃんから話を聞いたりしていましたが、基本的に二人共平和主義で穏やかで仲は良かったんです。一年位たったある日、TくんにプロポーズされたとKちゃんから話があり、一緒にお祝いしたのですが、程なくして仕事で彼女の部署に訪ねて行ったら彼女3日も会社を休んでいたんです。心配で電話してみると、「破談になった。」と泣きながら一言。その夜、彼女に会って話を聞くと、Tくんの家に行った時に彼の母親が「家と御宅では家柄が違うから、この結婚は認められない。」って言ったそうです。「Tくんは何て言ってるの?」と聞いたら「仕方がないよ。僕は長男だから。別れよう。」だって。その後彼女は「これ以上顔を合わせるのは辛いから、資格をとって転職しようと思うの。」と夜間専門学校に通い、会社を去って行きました。「プロポーズの前になんで家族に紹介しないんだよ〜。」とTくんを殴ってやりたくなりました。

仕事とはある程度人の役に立つものだと思っています

"私は今まであらゆる仕事をしてきました。一日だけの仕事もあれば、何年にも渡り続けてきた仕事もあります。私は基本的にはどんな仕事も楽しんでやってきました。
接客や販売のような人と関わる仕事を多くやってきました。もちろんお客さんやスタッフといった人間関係があるのでイヤなこともありました。たまには怒られることもありました。しかしそれは大したものではありません。
倉庫内軽作業のような単純作業もよくやりました。単調な中で、いかに早くやるかと考えながら行なってきました。基本は黙々とではありますが、楽しかったです。
その他にもいろいろな仕事をしてきましたが、唯一本当に苦痛を感じた仕事がありました。それはテレフォンアポインターです。ある地域の電話番号を1から順にかけて話をし、興味を持ってもらうことが出来ればそのまま訪問のアポイントを取る仕事です。もちろん最初は慣れること。そして話を聞いてもらえるように工夫をすることなどと頑張りました。電話の相手が営業の人間だとわかると声が変わってきつく一言で切られることも多かったです。これには回数をこなしていくうちになれました。多少の文句は気になりません。
しかし一度だけ少し違った言い方をされたことがありました。「電話をかけた時、相手が何をしているかわからないでしょ。料理をしているかもしれないし、赤ちゃんが泣いているかもしれない。そんなところにいきなりそんな電話をかけられて、話されるのは本当に迷惑なんです。本当にやめてください。」こんな感じでした。
何を言われてもアポイントを取るのがこの仕事だとは思いますが、どんな仕事でもある程度人の役に立つものだと思ってやってきた私には本当につらい言葉に感じました。この言葉を聞いてからこの仕事は辞めようと思い、実際に辞めました。"

ここまでやるの?仕事の下準備のしっかりした人

"向かいの席のAさんは、
一緒に仕事をしている人からの信頼は厚く、
この人に任せれば大丈夫!と評価されるような方です。

お仕事をお手伝いさせて頂く機会がありましたが、
評判以上の仕事ぶりに、すごい方だと尊敬しました。
指示が明確で、非常に分かりやすかったのです。

入社して、まだ会社にも仕事にも慣れていなかった私でも、
この指示なら、不安なく取り掛かることができました。

実際私がお手伝いしたのは、
役所に書類を出し、ハンコをもらって受領してくるという単純なものでした。

私は今までにその役所に行ったことはなく、
地理にも明るくありませんでしたが、
場所とルートだけ調べ、とりあえずたどりつけば何とかなるだろうと思っていました。

役所に行く前にAさんから渡された書類を見ると、
役所の受付の場所の配置図が書かれ、どこの窓口に出せばいいのかまで指示してありました。
実際、提出先の窓口は奥の方で、分かりづらい場所にあったので、事前に聞いておいて助かりました。

口頭では、
受付してもらうときに気を付けた方がいいこと、
質問されたときの対応の仕方、
受領した書類の確認ポイントまで丁寧に教えてくれました。

方向音痴の私は、初めての場所に行くのが苦手です。
そんな私を気遣って、
「駅を降りたらすぐにローソンがあるから」とか
私の不安を取り除いてくれるような、
かゆいところに手の届くような、
そのように指示を受ける者が仕事をしやすいようにアドバイスをしてくれたのです。

Aさんのような方が上司だったら、仕事も楽しいだろうなと思えました。
また、お手伝いができるといいなと思っています。

"

最新のエントリー一覧

仕事とはある程度人の役に立つものだと思っています
"私は今まであらゆる仕事をしてきました。一日だけの仕事もあれば、何年にも渡り続け...

ここまでやるの?仕事の下準備のしっかりした人
"向かいの席のAさんは、 一緒に仕事をしている人からの信頼は厚く、 この人に任せ...